英語 リスニング アクセント

年齢別の英語耳の鍛え方:小学生のうちから英語を聞く

英語は、早い時期からの取得が望ましいと言われます。

 

それは、言葉に対する理解や吸収に差ができるためです。

 

若いほど自然に覚えてしまうのは明らかです。

 

深い意味を認識して理解するのは確かに年齢がある程度いかないとだめですが、英語などの語学が自然に身につけるほうが苦労がなくていいです。

 

その意味でもヒヤリングは若いほうが聞く力がつよく、よく英語耳という言葉をききますが、エルとアールの発音を聞き分ける力はヒヤリング強化として英語耳を鍛えることになります。

 

では若いとしてどれくらいがいいかいいますと小学生からの英語耳強化は英語そのもの意味を幼児と比較して理解する力が上がっているので、やはり意味をわからずするよりもヒヤリング力を鍛えるのがいいです。

 

またこのヒヤリングができると幼児では難しかった返しである会話ができ、小学生ぐらいだと自分で表現しょうともするので、英語教育におけるヒヤリングと会話が同時に強化されますので効果的です。

 

なかにはそんな小学生ぐらいから始めなくてもとの意見もありますが、英語の音に慣れ親しんだほうが後々の教育にいい効果がでます。

 

というのは以前ヒヤリング軽視の教育でしたが、実際使う場合にはこの英語耳のリスニングができないと会話などができないことが当然の考え方になっている今日では、この早期の教育の方法がよいです。


聞き取れる英語をしゃべるコツはアクセント!

 

英語を勉強している人にとって、アクセントの問題はいつかは経験する事の一つでしょう。

 

英語と一言で言っても国や地域によってアクセントは大きく異なります。

 

そのため、最初はリスニングに苦戦をする事もあるでしょう。

 

国によって異なるという事は、話す相手によって異なる英語を聞き取るスキルが必要となります。

 

しかし各国によって発音の特徴がありますので、事前に特徴を理解しておく事でどの国の発音か理解する事が出来るでしょう。

 

実際に発音の種類を覚えると、自分自身もその発音で話せる様になりますので、まずは耳からリスニングを強化して行きましょう。

 

最もわかりやすいのが、アメリカンイングリッシュとブリティッシュイングリッシュでしょう。

 

単語によっては発音が全く異なる事もあり、時には使う単語自体が異なる事もあります。

 

普段はあまり気づかない事でも、アメリカ出身の人とイギリス出身の人では大きく発音が異なっている事に気づくでしょう。

 

まずは主にどういった点で発音が異なるのかを知っておくと、より判断がしやすくなり、リスニングの強化にもつながるでしょう。

 

この様に英語のアクセントに注目して勉強すると違った視点で英語を楽しむ事が出来るでしょう。