引きこり脱却のきっかけとして電話占いを使用した

 

電話占いに求めていたことは「きっかけ」

以前、私は「引きこり」になっていたことがあります。引きこもりになったきっかけは転職に失敗したことで、小さい人間だった私は「世間からの目が怖い」「将来のビジョンが見えない」などというどうでも良い訳をしながら引きこもっていました。

幸い、多少の貯蓄があったこととパートナーがいたことで生活をしていくことは出来ていましたが、パートナーにとってもそんな私は負担でしかなく「何とか立ち直ってもらいたい」という気持ちからか電話占いを進めてきました。最初は「なぜ」と思いましたが、結果的には利用して良かったと思います。

 

他愛もないアドバイスだったが胸に響いた

占ってもらった内容は「将来性」です。すでに自分自身に絶望しかけていた私にとって、多少なりと「将来は良くなる」という希望があれば立ち直るきっかけになるのかもしれないと思ったからです。もっとも、私個人は占いを信じている訳では無かったので、「どうせ在り来たりなことしか言われない」と高をくくっていました。

実際に言われたアドバイスも「どうでも良い」と感じられることでしたが、その中に一つだけ「自分が今一番やりたい仕事をしなさい」と言われたことだけが気にかかり、その通りに実践したところ見事に社会復帰を果たすことが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です